巻き爪はきちんと治療した方が良い

>

自分に合った靴を履こう

ピッタリの靴が1番良い

小さい靴を履いていると、爪に負担を与えます。
デザインが気に入った靴があると、多少きつくても頑張って履いてしまう人がいます。
しかしそれは、爪に負担を与えて巻き爪になるリスクを高めているだけなのでやめてください。
では逆に大きいサイズの靴を履けば良いのかというと、それも違います。

大きいサイズの靴では無駄に指が動くので、爪がいろんなところに当たって傷つきます。
緩くもなく窮屈でもない、自分にふさわしいサイズの靴を選択してください。
すると巻き爪なって、痛い思いをしなくて済みます。
自分で治療する方法もありますが、症状がすぐに悪化するともう病院へ行かなければどうしようもできません。
普段から巻き爪の対策をしましょう。

ハイヒールを控えめにしよう

女性の多くは、ハイヒールを履いています。
足が長く綺麗に見えるという利点がありますが、常に爪先立ちの状態になります。
すると負担が蓄積されるので、爪の形が悪くなるデメリットがあります。
巻き爪の対策をするなら、ハイヒールをできるだけ履かないように心がけてください。
どうしても履かなければいけない時があると思いますが、なるべく短時間で済ませてください。

他の移動ではスニーカーを使うなど、工夫すれば負担を軽減させることができます。
見た目を意識することは、悪いことではありません。
しかし見た目を気にし過ぎると巻き爪になって、治療するのに長い時間や高額な料金が必要になります。
ハイヒールを履く頻度を減らしてください。