巻き爪はきちんと治療した方が良い

>

痛みを感じる前に治療するべき

コットンを使って処置をする

自宅にコットンがあれば、巻き爪になっている部分に挟むことで応急処置ができます。
まだ症状が軽いなら、その程度で爪を矯正できるので安心してください。
コットンならコンビニエンスストアやドラッグストアで売っていますし、500円以内で購入できます。
病院へ行って治療を受けるよりも、確実に安いです。
この方法は、本当に初期のころにしか使えません。

簡単に巻き爪を治療するためには、早く気づいて処置することが大切だと理解してください。
定期的に、爪の形をチェックしてください。
傷みがなければ問題ないと思うかもしれませんが、爪が曲がって皮膚に食い込んでいる状態なら危険です。
放っておくともっとひどくなって、爪がどんどん傷んでいきます。

爪切りに注意しよう

爪を長く伸ばしていると危険です。
定期的に切るのは良い心がけですが、あまりにも短くし過ぎないように気をつけてください。
深爪が原因で、巻き爪になることが多いです。
爪切りをする時に、爪の形が変になっていないかチェックしてください。
最初は綺麗な爪の形をしていた人でも、何度も深爪になったことが原因でだんだん形が悪くなってしまうことがあります。

すると巻き爪になるリスクが、高くなると覚えておきましょう。
少しだけ爪を残すことを意識して切ってください。
それなら巻き爪になる心配がないので、いつまでも綺麗な爪を維持できます。
初期症状なら自宅で治療できると言われていますが、巻き爪にならないのが1番良いですよね。
爪切りに注意しましょう。